子供の治療用眼鏡の保険適用について

子供メガネ comments(0) - meganenosato
本日は
子供の治療用眼鏡の保険適用
についてご紹介きらきら
※あくまでも目安になります

対象年齢 9歳未満
小児の弱視・斜視および
先天白内障術後の
屈折強制治療用として用いる眼鏡作成費用
対応年数
5歳未満は前回給付から1年以上
5歳以上は前回給付から2年以上

給付上限 38.461円

7割が支給額の上限(保険組合の負担の割合)
3割が自己負担

給付額の例
。横.000円のメガネを購入した場合
20.000円×0.7=14.000円の支給
自己負担金額6.000円

■毅.000円のメガネを購入した場合
38.461円×0.7=26.922円の支給
自己負担金額23.078円

必要書類(対象者本人名・原本)
1.医師による眼鏡処方箋
2.医師による治療用眼鏡等の作成指示書
3.治療用メガネを作成・購入した際の領収書

○対象者の本人名が記載
○治療用眼鏡代金と治療を必要とする症状を記入
例)治療用眼鏡(弱視用)

4.療養費支給申請書
○ご自身の保険窓口にて交付を受けます。


いろいろ詳しく記載しましたが
簡単にまとめると
眼科様より作成指示書がでれば
保険申請ができる!

給付金額が最高26.922円
もどってくる可能性がある

4歳までなら
1年に1度保険をつかえる!

5歳から2年に1度
8歳まで保険をつかえる!
※あくまでも目安です
治療が続いている場合など

治療用に適したフレームコーキ
税込み¥20.520

実際にある事例などを販売員の
経験をもとに記載致します

例)3歳の子供で弱視と診断され
¥40.000の治療用眼鏡を購入
お父様は会社員


3歳時の乳幼児健診でひっかかり
眼科で詳しく調べると弱視と判明
治療用眼鏡等の作成指示書と
眼鏡処方箋がでました。それをもって
子供メガネの取扱店でメガネを
¥40.000で購入

この時点では自己負担での支払い
となります

そこでメガネ店で領収書を
だしてもらいましょうき
レシートのイラスト
処方箋と指示書は必ず返却
してもらうようにします

後々に申請に必要な書類になるからです

お父様はお勤めの会社の健康保険の窓口で
療養費支給申請書の交付を受けます
書類に必要事項を記載し
メガネ店の領収書
眼鏡処方箋
作成指示書
3点を提出
審査がとおれば後日費用がもどってきます。

費用は上限額が38.461円なので
38.461円×7割=26.922円が給付され

残りの金額
40.000円−26.922円=13.078円
が最終的な自己負担金額になります

3ヶ月・1歳半・3歳の乳幼児健診で
目の状態をチェックすることができます四葉のクローバー
赤ちゃんの大きな病気や発育
発達の問題を発見しやすい
時期の大切な検診であるため
自治体ではなく国費で行われている検診です。

そのためこの3回の検診は日本全国
どこに住んでいても受けることができます矢印上
定期的にチェックすることを
オススメします
白衣の男の子のイラスト(将来の夢)
それ以外にもお子様が普段生活環境の中で
目が少し離れることがあるかも…
急に目が内による…
テレビをみるときものすごく近くで見る…
少しでもおかしいな?と思ったら
眼科様へ健康診断の
つもりでチェックしてもらいましょうねこ

治療用のメガネの場合は
できるだけ安売り店は避ける!
何故なら治療用に適したフレームが
少ないからです
安いのには理由があります
例えるなら100円の指輪と50万円の指輪!
素材も生産地も技術も手間も絶対
違うはずです。それと一緒なんです

近視用で授業中の時だけメガネを
かけるのなら問題ないかもしれません
治療用の場合メガネをずれてかけると
治療としての意味がないのです
ちゃんと調整できる
アフターフォローが
しっかりしているメガネ店が理想!
メガネの修理をする人のイラスト

お求め安いフレームは
調整できる範囲が狭かったり
すぐ曲がったり壊れたり
サイズが大きすぎたり小さすぎたり
ハナメガネになっているお子様が
私の経験上とても多いです

特に弱視治療はお子様が小さい時に
発見が早いほど
症状が改善されることが多いです
目が完成してからでは遅いのです

子供の目と斜視・弱視

「子供と目」を考える場合

早期発見し予防すべき重要なものは
2点あります

「斜視」と「弱視」です

斜視
「斜視」は弱視に並んで

子供の目で気をつけるべき点です

斜視があると、両目で見る力

(両眼視機能)が発達しません。

 

そうなると、遠近感・立体感のない見方しか
できなくなります

それだけではなく斜視をほうっておくと
いずれ弱視になり片目だけしか

見えなくなってしまいます
 

弱視
子供の目は発展途上にあります
生まれてから小学校に入学する

5〜6歳あたりまでは視力が
まだ完成していません

 

この時期までに子供の目に
光をとどけていく必要があります

そうしないと「ものを見る力」
が発達せず「弱視」になります

 

「子供と目」を考えるうえで
この弱視の予防と早期発見が

もっとも大事になります

治療用眼鏡のかわいいフレームを

ご用意しておりますねこ

治療用メガネをはじめて購入する場合は

スペアメガネを持つことを

私は必ずオススメします。


特に小さいお子様は

メガネを壊してもってくることが本当に多い!
2回いいます…

 

本当に多い!!!!

(しつこい)

ショックでメガネが割れた人のイラスト(女性)

 

壊れたときによく保護者様が言うことは・・・
なんとかなりませんか?

メガネがないと困るんです・・・


お店側としてもお子様の目が

一番成長される大事な時期にメガネ
をかけて頂きたいのは一番あるのですが

 

折れている場合
修理に時間がかかりますし

メーカーにパーツがないことなんてザラです

最悪数ヶ月予約待ちになってしまい
結局新しく作成することも・・・
レンズも一からメーカーで作るとなると
時間もそれなりにかかります


治療用眼鏡の場合1本目は自己負担が少ない
ので特典がある場合は2本目も一緒に

買っておくとお得ですき

 

 

 

最後に!

よりによって何故
私の子供がメガネをかけないといけないのか

ショックにおもわれている保護者様へ

 

それは違います
 

逆に早くみつかって

よかったんです!

目が成長してしまい視力があがらない状態で

大人になると弊害が多数でてきます
例えば車の免許とるには

両眼視力0.7以上必要です
免許をとりたくてもとれないのです


ですのでそうならない為にも

少しでも気になったことが

あれば眼科様でチェックしてもらいましょう!


いろいろ記載いたしましたが
この記事が役に立てればと思います。
それでは今回はこのへんでDocomo88

おもちゃも少しあるよにじ

よかったら遊びに来てねねこ

地下鉄御堂筋線心斎橋駅より徒歩2分
メガネの郷 春木

営業時間 11:00〜19:00
定休日   水曜日
06−6281−3157
店舗ご案内

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM